気になるニュース

気になるニュースを詳しく追いかけます

芸能

メアリと魔女の花、あらすじネタバレ!パクリ評価語ります!

投稿日:2017年7月9日 更新日:

「メアリと魔女の花」の紹介です!スタジオジブリで活躍した米林宏昌監督のスタジオポノックへの移籍後、第一弾の作品です。「メアリと魔女の花」のネタバレを含む全編の詳しいあらすじから結末まで、そして、ネットなどで言われている「ジブリのパクリ作品なのでは?」についてもお話ししたいと思います。

 

あらすじとキャスト

大叔母シャーロットの住む土地へと越して来たメアリはある日の夜、森の中で不思議な出会いをします。それは青く光る美しい花「夜間飛行」。不思議な力を持つ花で、メアリに一晩だけ魔法の力を授けるものだった。その時、同時に目覚めた魔法の箒と共に大空へと飛び立ったメアリは魔法大学に着きます。その大学の校長には裏の顔があり、メアリのドラマが始まるのです。

 

  • 監督:米林宏昌
  • 声優:杉咲花(メアリ)
  • 神木隆之介(ピーター)
  • 天海祐希(マダム・マンブルチューク)
  • 小日向文世(ドクター・デイ)
  • 満島ひかり(赤毛の魔女)
  • 佐藤二朗(フラナガン)
  • 遠藤憲一(ゼベディ)
  • 渡辺えり(バンクス)
  • 大竹しのぶ(シャーロット)
  • ほか

主題歌:SEKAI NO OWARI「RAIN」

 

スポンサーリンク

 

「メアリと魔女の花」、米林監督とは!?

米林宏昌監督(愛称:マロ)。スタジオジブリでは「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」の監督をしていて、この「メアリと魔女の花」にもスタジオジブリのスタッフも多数参加しているため、絵柄もストーリーもジブリ映画を観る感覚で観ることができて、どこか安心感があります。

それはそのはず、米林監督は、多数のジブリ・アニメーターの中でも最も優秀な1人です。『もののけ姫』では動画を担当し、『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』ではより重要なポジションである原画を担当され、『崖の上のポニョ』では宮崎駿監督を唸らせるくらいの実力を発揮しました。

 

『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)で初監督を経験して、監督2作目の『思い出のマーニー』(2014年)は宮崎駿監督のクレジットなしで脚本から手掛けて、アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされました。

ここまでくると、米林監督がジブリにいる頃から、ジブリの良いところ、プラス監督独自の世界観をだした作品を世に送り出していたのだと思います。ネットでは「ジブリのパクリ」や「魔女の宅急便のパクリ」などのコメントがある、今回の「メアリの魔女の花」ですが、決してパクリではありませんよね。

ジブリ時代のトップアニメーター、監督とジブリ時代のスタッフたちが手掛ける、ジブリとは一風違う、新しい作品だと思います。

「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」が好きだと思える人にとっては、「メアリと魔女の花」どこか似た雰囲気のところもあるせいか、これらが好きな人には特に安心して楽しめる作品かもしれませんね

 

「メアリと魔女の花」ネタバレ!

映画「メアリと魔女の花」のネタバレです!「メアリと魔女の花」のネタバレを含むストーリーをラストまでお話ししていますので、ここから先はご注意下さい!映画を観るまであらすじを知りたくない方は特にご注意を!

 

退屈な日々から

テレビも無いゲームも無い、そんな叔母の住む田舎の街へ引越して来たメアリは日々の生活が退屈でした。メアリの大叔母シャーロットはとても穏やかで優しく、その家で家政婦をしているバンクスも優しくておおらかな人柄でした。でも、メアリはどうしても暇になってしまいます。お手伝いを見つけては失敗して、それをを繰り返してしまいます。その日も隣に住むゼベディじいさんの大切にしている花を折って、掃除をするつもりでしたが、さんざん散らかしてしまいました。

 

猫との出会い

その姿をピーターという自分と同じ年頃の少年に笑われる。友達もいないし、やることもないメアリは1匹の黒猫に出会い、余りに暇な事をその猫に話しました。そんな時、その黒猫はメアリを誘うように森へ入っていきます。黒猫を追いかけて森へ入っていくと気づいた時には黒猫と灰色の猫の2匹がいました。恋人同士だろうか、そう思っていると2匹の先に青く光る美しい花を見つけるのです。その花の名前は「夜間飛行」、それはゼベディじいさんが教えました。

7年に1度しか咲かない花で、以前は魔女達も探し求めたという言い伝えがある花だそうです。ついでに2匹の猫についても教えてくれました。ティブとギブという名前で、ピーターの所に住んでいる。その夜、メアリの元に黒猫のティブが姿を現しましたが、次の日の朝にはティブの姿が無くなっていました。

メアリはその日、大叔母シャーロットから届け物を頼まれましたが、その届け先はピーターのところでした。ティブを探すついでにピーターの元へと向かうことにしました、街で出会ったピーターに届け物を渡して、ティブの事を聞いてみました。

 

森の中へ

すると昨夜から2匹の姿を見かけないというではありませんか。ギブの行方が気になった2人は2匹の猫を探すことにしました。道中、ピーターのあまりの失礼な態度にメアリは怒ります。自分でも気にしているくしゃくしゃの赤毛をバカにされたため、結局2人は別々で行動することにしました。

その日は町中が霧でした。そんな状況の中、メアリは森へと向かい、森の入口でティブを見つました。ティブは口に何かをくわえ、そのまま森へと入っていきます。メアリはそのままティブを追いかけていくと、大きな木へと辿り着きました。

 

そこにはツタに絡まるようにして1つの箒がありました。箒を手にして、ティブはくわえていた物をメアリへと投げると、夜間飛行の花。1本に何輪もの花がついた中の1輪を手にした瞬間に潰してしまいました。

 

花と箒との出会い

すると花はドロドロの液体を垂れ流し始めたので、メアリは気持ちが悪くなったのですが、液体はどんどん光ってメアリを包みこみました。メアリの手に吸収されていき、持っていた箒にも吸収されていきました。

箒は突然動き出したと思ったら、メアリを掴んだまま空高く飛び上がったのです。箒はメアリとティブを乗せて空高く昇っていくと、森を抜け雲を抜け空の高いところまで、登っていくと巨大な積乱雲に入っていきます。一息ついた時、メアリの目の前には空に浮かぶ大地が広がっていました。箒が降りついたのは、大きな建物で、困惑するメアリの前に1人の人が現れます。

 

魔法の大学

ネズミのような恰好をして、喋る生き物。慌ただしく話をするのは、フラナガンという箒小屋の管理人で、メアリを見た彼はメアリを新入生だと勘違いして、校長のもとへと案内しました。フラナガンの説明によるとどうやらここは魔法を学ぶ大学らしいのです。メアリは校長と対面します、品のある女性のマダム・マンブルチュールがここの校長で、メアリを案内してくれます。

メアリは大学の授業を1つ1つ見学して、自分のいた世界では想像もつかないものばかりで、興奮します。上級生の授業でメアリはとんでもない力をみんなに見せて、校長に気に入られます。

 

呪文の本

その勢いのまま、入学願書を預かることになったメアリは、校長室で1冊の本を見つけました。そこには魔法の呪文が書かれており、メアリの頭にも吸い込まれてきました。メアリは校長に自分の力を話すことにしました。

実はメアリではなく花の力なのですが、「花」の一言を発した時校長の顔が変わりました。鬼のように怖い形相になった校長に、メアリは恐ろしさのあまり本当の花の事を話せませんでした。願書をもったまま、家へと帰りましたが、咄嗟のことで本も持ち出してきてしまいました。

 

校長に気に入られたと思っているメアリでしたが、校長は全てわかっていました。メアリの力の秘密と彼メアリが花のある場所を知っていること、そのための人質があることも知っていたのです。

 

ピーターが!?

その夜、興奮してはしゃいでいるメアリの元に知らせが届きます、ピーターがまだ家に帰っていないです。夜も遅くなり、町の人が総出でピーターを探しているのです。大学の校長からもメアリに知らせが届きました。

「お前の正体を知っている、花をよこせ」その知らせの最後には人質となったピーターの姿がありました。メアリは花を持ち再び箒へとまたがり、花を1つ潰して力をその手にティブと共に大学へと向かいました。

大学では校長と科学者のドクター・デイが待っていて、メアリは花を渡しました。でも、ピーターを返してくれるようには見えません。メアリもそのまま捕まってしまい、実験の保管庫に閉じ込められました。保管庫には多数の檻があり、中には奇妙な生物達がいました。これこそが校長とドクター・デイによる実験、変身魔法の正体だったのです。

 

それに気付いた時、メアリはティブが1つの檻の前にいることに気が付きました。見たこともない不思議な生物がいて、実験の失敗作なのだろう、そしてティブの相棒ギブのなれの果ての姿だったのです。そこにはピーターも姿もありました。

ピーターはなんとかそこから逃げ出そうとしていましたが、人間の力では難しいのです。メアリはあることを思いつきます。自分は今夜は魔女で、魔法の本を持っている。その本には全ての魔法を解く呪文が書かれています。

スポンサーリンク



みんなを助ける!

メアリは自分の手をそのページに当て念じました。すると瞬く間に本は光を放って部屋のあちこちへと飛び散りました。光の当たった檻から生物達が飛び出してきて、元の姿へと戻っていきます。

みんな、そのまま部屋の外へと飛び出して自分たちが元にいたの世界へと戻って行きました。校長のマダムとドクター・デイは、その光景に怒りました。その場から逃げ出すメアリ達、フラナガンが箒をメアリの元へと呼んでくれたおかげで助かった。

しかし飛び立つ瞬間にピーターがマダムに捕まってしまう。ピーターはメアリの手を放し彼女を逃がした。ピーターのもとを離れる箒はそのまま大叔母の家ではない所へと飛んでいく。

 

そこは箒の持ち主の家、家はメアリを主人だと思い優しくドアを開ける。家の中には誰もいない、しかし彼女の力に反応し姿鏡が光を放つ。するとそこに大叔母シャーロットの姿が映った。ここはどうやら彼女が昔住んでいた場所だったようだ。そして同時に過去の話を始めた。

それはかつて大学でマダムの元勉強に励んでいた赤毛の少女の話。その頃のマダムとドクターは優しかった、しかし赤毛の少女が見つけた花「夜間飛行」を目にすると途端に人が変わり危険な実験を始めてしまう。

人に力を注ぎ全ての魔法を操る最高の魔法使いを創造するのだ。しかし実験は失敗、赤毛の少女はその企みに反対し花の種を盗んで大学を去った。それがメアリの持つ花の正体だった。

 

今度は助ける!

メアリは大叔母にピーターの居場所を教えて、自分で行くことを決意します。大叔母はそんなメアリに花の最後の1つを渡しました。突如マダムがやってきました。なんとか逃げ出したメアリでしたが、大学に着く前にマダムに鞄を奪われてしまいました。

箒の力も尽きてしまい、メアリは森の真ん中に落ちてしまいました。箒も折れてしまい、花も本も鞄ごと取られてしまいました。でも、ここで諦めるわけには行かない。

箒とティブに導かれるように、メアリは自分の足でピーターの元へと向かいました。辿りつくのは難しかったのですが、メアリには心強い助っ人がいました。先日メアリが救った動物達でした。

 

なんとかたどり着いた!

彼らの力を借りて彼女はとうとう実験棟に辿り着いたのです。メアリが実験棟にたどり着いた時、既に実験は始まっていました。ピーターに注がれた力は今度こそ成功するはずでしたが、マダム達の目的はかなわず、またもやはずれて力は暴走します。

ピーターを取り込んだ巨大な力の塊は大学の施設を破壊していきます。絶体絶命でしたが、メアリは諦めませんでした。マダムから鞄を取り返し、本の魔法を解くページを開けますが、メアリに魔法は使えません。ピーターの腕を引っ張り出して使わせようとします。

 

魔法の力で!

メアリとピーターが共に手を取り合う瞬間魔法はきいて、暴走していた力は消えました。気付いた時には、メアリの目の前は青空が広がっていて、ピーターもティブもギブもみんないます。全ては終わり、どうやって帰ろうかを考えていました。

そこにフラナガンがやってきて、元気な姿の箒もありました。2人と2匹は箒に乗り、大空へと飛び出しました。使わなかった最後の1つの花を空へと放り投げました。

これで、「メアリと魔女の花」のネタバレ、あらずじは終わりです。

 

 

スポンサーリンク

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

わろてんか 感想、ヤフーのネタバレ、あらすじ、第5週25話~30話

NHK連続ドラマ小説「わろてんか」、第5週目に入りました。第5週目(25~30話)のあらすじ、そしてネタバレについてお話しして、感想についても触れていきたいと思います。てんは藤吉の実家の米問屋「北村屋 …

no image

山崎育三郎ドラマ2017の歌は あなそれに初主題歌でシングル!?

ミュージカル俳優、歌手大人気、大活躍している山崎育三郎さんですが、2017年はドラマあなそれ、「あなたのことはそれほど」に出演したり、はじめてのドラマ主演、ドラマ主題歌を担当するなど、大活躍の1年でし …

no image

上原多香子 阿部力とのライン内容、キス写真、遺書全文を公開!

SPEEDのメンバーである上原多香子さんと、俳優の阿部力さんの過去の「不倫疑惑」が話題になっていますね。上原多香子さんの夫であるET-KINGのTENN(森脇隆宏)さんは2014年に自ら命を絶っていま …

no image

木村拓哉主演のドラマ視聴率はどうなる? 新ドラマA Life

木村拓哉のSMAP解散後の初主演ドラマである「A Life~愛しき人~」(TBS)の第2話の視聴率が第1話しから0.5%増の14.7%と「好調」と報じられた。しかしながら、これまでを考えると15%に届 …

no image

ひふみんアイとは!? 歌と動画歌詞全文 失礼でマナー違反って!?

ひふみんの愛称で呼ばれている元将棋士の加藤一二三九段は、連日バラエティ番組、将棋の解説、イベント出演とひっぱりダコでまさに今年の顔といってもいいでしょう。今年の「2017ユーキャン新語・流行語大賞」で …