気になるニュース

気になるニュースを詳しく追いかけます

スポーツ

キャンプに行こう!初心者におすすめのテント選びから設営まで!

投稿日:2017年7月14日 更新日:

夏休みにキャンプに行こうと計画している人も多いのではないでしょうか。キャンプに行きたいけど、何から始めてよいかわからない。そもそもテントを張ったこともないし、方法もわからないって人も多いのではないでしょうか。ここでは、キャンプに必要なノウハウを紹介していきたいと思いますが、まずはテントの選び方から見ていきたいと思います。

 

テント選び

キャンプに備えてテントを買いにショップに来たはいいが、なにをどう選べばいいのやら。当たり前ですが、テントはキャンプフィールドでの家です。しっかりとしたキャンプメーカーの道具は信頼性が違ってきます。性能と価格は比例しますね。例えば、安いテントだと、風が吹いたときにポールが折れてしまうこともあるし、無名の安価なテントを買ったが故に1日で壊れたなんてケースもある。

 

購入する際には、アフターケアとして、メーカーでの修理対応が可能かどうかもチェックしておきたいです。次に考えるのは、何人で泊まって、どんなキャンプスタイルをするのかによっても違ってきます。一般的なオートキャンプなら天井が高くて快適に過ごせるファミリータイプがお勧めですね。夏にキャンプするのがメインなら、涼しく過ごせるような喚起を重視したようなテントがいいでしょう。長期でキャンプをするなら、ツールームテントがいいでしょう。夏だけじゃなくて秋や冬にも使うなら機密性の高い大切になってきます。

スポンサーリンク

テントの種類

トンガリ型テント

中央にポールを建てて周囲をペグで固定して設営するトンガリテント。取り外し式のフロアやインナーテントが別になったものモデルも多い。土間のように使えるのが特徴。シンプルで個性的なデザインが多い。

 

ツールームテント

スクリーンタープにインナーテントを一化させたタイプ。就寝スペースがやや狭いのだが、サイトが小さいところでも収まりやすい。リビングが続きになっていて、継ぎ目のない広々空間で虫も防げて、雨が降っても気にならない。小さな子供がいるファミリーや長期滞在型のキャンプにお勧めです。

 

テント&タープ

テントとタープを組み合わせる。もっともスタンダードなキャンプスタイル。サイトの宇ペースに合わせてリビングなどになるタープを自由自在にレイアウトできるのが利点。夏キャンプが主流なら、スクリーンタープを組み合わせるのも一つ。テントは小屋のようなロッジ型もあるが、設営しやすいドーム型テントが今の主流。

 

ポイント: 寝る人数 + 1一人でサイズを選ぶ

テントには、メーカーが定めた定員が表示されている、ただし、荷物のスペースが含まれていないので、家族4人なら定員5人と表示されているモデルがおすすめ山岳テントなら、寝るために1人あたりの幅を55cm~60cm、長さ2m~2m10cmのスペースがあればよいが、ファミリーテントの場合、幅70cm, 長さ2m20cmくらいあると快適になるでしょう。

テントの耐用年数

価格や機能性などに関係なく、ナイロン生地製のテントの場合、生地の裏側に施された防水コーティングが経年劣化して加水分解してしまうため、1ケ月に1回ほどの使用頻度なら、10くらいが寿命になる。

1週間に1回使用するようなベビーユーザーなら5年くらいが目安となってくる。コットンの場合は劣化しにくいので、ナイロン製の2倍はもつと言われている。ただし、どちらの場合も使用後に乾燥させて防カビ対策をして保存する必要がある。

立てやすさは大きさに比例

テントが大きくなればなるほど、ポールの数や梁亜美の数も増えてくる。すなわち、テントを設営する工程が増えて、テントを立ち上げる時の記事の量も多いので、設営も大変になってくる。

また、初心者にはポールがクロスしたドーム型の方が構造が単純で立てやすいのでおすすめ。夏にキャンプする事が多いなら、背が高く、四方が開閉できて通気性の良いテントを選ぶとよいでしょう。

山間などの風が強い場所等で強度を求めるなら、背がなるべく低く、丸形のテントの方が良い。また、ポールがクロスしていた方が安定感もあって安心。どんな季節にキャンプするかによってもテントの選び方も変わってくる。

耐水性や防水性の目安

テントのスペック書かれている耐水性。なんの意味だかわかりますか?耐水圧は布地の防水性の目安で、数値が高いほど防水性が高い。豪雨の水圧1,500mmと言われているので、耐水性の目安も1,500mm以上の物を。

それ以下だとちょっと心配。ただし、テント本体の水圧より、雨が直接当たるフライシートと、地面に接しているフロアシートの耐水性が重要なので、そこをチェックする必要があるでしょう。

 

スポンサーリンク



 

テントの設営

テントの準備が完了したら、今度は実際のテント設営に挑戦です!初めての人も、今までなんとなく立てていた人も、意外に知らない正しいテントの立て方を話します。テント設営は、その日の天気はもちろん、キャンプサイトの地面の状態に大きく影響される。

サイト選びから設営は始まっているといっていいです。まずは、購買やくぼみのない平らな場所を選ぶこと。テントにはたいていプラスティックのハンマーが付属されているが、土が固いとペグが入らないので、別に鉄のハンマーを用意しておくのが良い。風の強い日には入り口を風下に向けたり、雨ならタープを先に立てるなど、状況に応じて臨機応変に対応する必要があります。テントは基本のポイントを押さえれば簡単に立てられるので、正しい設営の仕方を身につける事が大切。

テント+付属品一式の確認: テント、テントをお目風邪から守るフライシート、ポール、ロープ、ペグ、プラスティックハンマーが含まれているかを確認。

テント本体を広げる: 平らな場所でテントを広げる。入り口のファスナーを開けて空気を入れておくと、静電気で生地がくっつかない。

 

ポールを通す: ポールを全部つないでから、スリーブに通す。対角線上に向き合い、押し入れたポールを受け取ってもらう。

 

狭いスペースでの設営: サイトのスペースが狭い場合は、ポールが人にあたらないように、スリーブに通しながらつないでいくと良い。

ポールをクロスさせて固定: クロスにポールを2本通したら、それぞれ片側はエンドピンを差し込む。抜けないようにしっかりと差し込む。

テントを立ち上げる: 角のループを踏んで固定する。スリーブの橋をつかんで、テントの両側を同時にポールを押し上げてテントを立体化する。両側を同時に押し上げるのがポイント。

 

ポールにフックをとめる: テントのサイドにあるフックをポールに引っ掛けて固定する。フライ用のフックと色分けしておくことが多い。

フライシートの骨組み: フライ用のポールをつなげて、前後に取り付ける。テントによって取り付け場所が異なるので、証明書を確認する。

 

テントの位置を決める: ここまでで、テントが立体的に立ち上がった。地面にペグを打ってテントを固定する前に、地面に凸凹や勾配がないかをももう一度確認して、できるだけ平らな場所にテントを移動する。

 

ファスナーを閉める: ペグを打つ前に入り口のファスナーを占める。開けたまま打つと、ファスナーが閉まらなくなることがある。

屋上からペグを打つ: テントの底が完全に広がるように引っ張り、四隅にペグを打って固定する。ペグは60度~90度の角度が抜けにくい。

フライシートをかぶせる: フライの前後を二人で持ち(前側はたいていの場合ファスナーが2ケ所ついている)テントの横からかける。

 

フライシートを固定する: テントとフライの入り口の位置w合わせタラ、フライ用の「ポールを面ふぁうなーで固定し、テント本体と一体化する。

ペグを打って、さらに固定する: テント同様、ペグを打って固定する。さらに突風での吹き飛び防止に、ロープを付けて、こちらもペグで固定する。

 

入り口を開けて完成: 入り口を巻き上げる場合、まず両端を表側にたたみ、途中まで巻く。半分くらいの位置からは内側に巻くと簡単。注意!テント設営ではポールがキモになる。ここでは、設営の際にやりがちなミスを紹介したい。

ポールのつなぎ目を持つ: ポールは、どこからつなげても良いが、つなぎ目を持つと指を挟むので要注意軍手や皮手袋をしておくと安心。

ポールだけを引っ張る: ポールを通すときには、基本的に押すこと。反対側から引っ張るとスリーブの中で抜けてしまうこともあるので、あとで面倒になる。

 

ポールにテンションをかける: テントを立ち上げる時に、ポールだけをもって力をかけると、折れてします事がある。必ず、同時にスリーブを持つようにすること。

テントとタープの使い方

ここまではテントの設営についてお話してしてきましたが、ここからはテント、タープ、車の配置の仕方について話してみたいと思います。テントだけでもキャンプはできますが、そこにタープが加わることによって居心地の良さは5割増しです。

そんなテントとタープ、目的や人数に合わせた配置をご紹介したいと思います。テントがベッドルームなら、タープはリビングにたとえられます。日差しや雨をよけて、野外に心地よいスペースを作り出してくれる携帯式の屋根です。

 

家つくりをする時に間取りを考えるようにテントとタープの位置関係も目的によって変わってきます。まずベースとなるのはテントの一。テントは動線を重視して通路側に入り口を向けるのが一般的です。さらに車はテントの東側において朝日を防ぎ、そこにタープを組み合わせていきます。

タープが必要な理由は日よけ、風よけ、プライバシーの保護。あとは人数によっても違ってくるのでスタイルに合わせて選ぶ必要があります。

組み合わせと配置

テントとリビングとい分理型

テント=寝室の前にリビングを配置したスタンダードな配置。タープの両側が下がるので、意外にリビングが使えるスペースが少ない。風が強ければポールを内側にずらして全体を低くしたりと、一番自由に移動できるタイプです。スペースはあまり関係なく、ゆったり過ごしたい、おひとり様キャンプに向いています。

 

混んでるときにタープ隠し型

サイドが広い区画(10m x 10m以上)で隣のサイトとのプライバシーを重視したい場合の配置。目隠ししながらも、タープの天井面積が広いので、リビングスペースも広く取れて、大人数の時に重宝するタイプ。にぎやかな、仲間同士のワイワイとするキャンプに向いている。騒音漏れも防げて、リビングが広くて快適。

 

テント内が見えない通路と遮断型

連結型の応用編で、タープの手前を下げたタイプ。通路側のプライバシーが守れる他、南無期に設営すれば日よけにもなる。また、雨が吹き込むのも防げて、風よけにもなる。テント内を見せたくない、プライバシー重視のカップルに向いている。安心してキャンプできます。

 

流行のテントとタープ連結型

コンパクトなサイトで活躍する、連結タイプ。テントとタープがつながっているので、雨の日に漏れずに行き来できて、アクティブに動ける。テントにつなげているので、風が強い日でも安定感がある。子供が行ったり来たりするなど、出入りの多いファミリーキャンプ向いている。

 

スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

箱根駅伝2018 通過時間予想、コースと往路ゴール時間を一覧で!

2018年「第94回箱根駅伝」、往路1区~5区、復路6区~10区の各中継所、目安になる各ポイントの通過時間を予想して、一覧できるように掲載してみました。往路ゴール時間、復路ゴール時間についても予想して …

no image

平野美宇、大金星の快挙!石川佳純を破り日本人初!妹も卓球?

2016年度全日本卓球選手権で女子シングルスで、オリンピックメダリストで三連覇であった石川佳純を破り、最年少で見事優勝を果たし、女王の座に上り詰めた平野美宇(ひらの みう)選手、その強さに迫りたい。 …

no image

田臥勇太が前田有紀や竹内由恵と!3人制バスケ選手モテるの?

2020年東京オリンピックの新競技種目に追加予定の3人制バスケットボール、「3 x 3」(スリーバイスリー)。Bリーグ初代王者の栃木ブレックスでプレーをしていて2014年3人性バスケットボールで日本代 …

no image

鈴木康大選手と嫁の画像 お詫び全文とテレビ出演 家族は娘が2人!?

カヌーのオリンピック候補選手であった鈴木康大選手が、8年間の資格停止になり、除名にもなる可能性があるそうです。理由はライバルである小松正治選手のドリンクに禁止されている成分を混入して、ドーピング違反に …

no image

貴乃花親方のファッションセンスがおかしい、サングラスの評判は!?

日馬富士関の暴行事件がきっかけになり、毎日メディアに出ていて目が離せないのが貴乃花親方です。特にその個性的なファッションに目がいく人も多いのではないでしょうか。大きめのストールに、スーツ、コート、バッ …