気になるニュース

気になるニュースを詳しく追いかけます

スポーツ

平野美宇、大金星の快挙!石川佳純を破り日本人初!妹も卓球?

投稿日:2017年5月6日 更新日:

2016年度全日本卓球選手権で女子シングルスで、オリンピックメダリストで三連覇であった石川佳純を破り、最年少で見事優勝を果たし、女王の座に上り詰めた平野美宇(ひらの みう)選手、その強さに迫りたい。

 

  • 平野美宇
  • 2000年4月14日生まれの16歳
  • 静岡県沼津市生まれの山梨県中央市出身
  • 身長156cm、体重45kg 利き腕 右

ミキハウスJSC山梨を経て、中学一年生から親元を離れJOCエリートアカデミー入校。2017年現在、通信制を取り入れる都内の大原学園高校に在学中。平野三人姉妹の長女。世界ランキングは、2017年1月現在9位。

スポンサーリンク

平野美宇選手は、幼い頃から、「卓球がうまい!」、「第二の福原愛」として、マスコミに取り上げられていた。その背景には、卓球一家として育った彼女の生い立ちが関係している。平野美宇選手は、先にも書いたように3姉妹の長女である。すぐ下の妹が、平野世話。そしてその下の妹が、平野亜子。共に卓球をやっているとの事。

 

平野美宇は、3歳5ヶ月で卓球を始める。卓球を始めた理由には、母、平野真理子さんが開いていた卓球教室、「平野英才教育研究センター卓球研究部」の様子をずっと観ていたからとのこと。昨年台湾の卓球選手と結婚をした、元祖天才卓球少女福原愛が3歳9カ月で卓球を始めており、それよりも4カ月早くに卓球に触れている計算になる。

平野美宇選手の主な戦歴と成績

  • 2004年7月、全日本卓球選手権大会、バンビの部に4歳2ヶ月の最年少で出場
  • 2004年9月、全日本卓球選手権全国大会、バンビの部で、福原愛より一年早く幼稚園年少児で出場を果たす
  • 2005年7月、全日本卓球選手権全国大会、バンビの部で、169人中ベスト64に入賞する
  • 2006年7月、全日本卓球選手権全国大会、バンビの部で、小学校1年生で優勝する。この時の記録は、福原愛以来12年ぶりの快挙を果たす。
  • 2008年、7月27日、全日本卓球選手権大会、ホープス・カブ・バンビカブの部、準優勝
  • 2009年1月、全日本卓球選手権ジュニアの部に、小学校2年で出場し、福原愛が小学校4年生で作った史上最年少出場と勝利を果たした記録を更新する
  • 2009年7月24日から26日に行われた全日本卓球選手権大会で、カブの部にて、優勝
  • 2010年1月、全日本卓球選手権大会の一般の部に、史上最年少9歳で出場
  • 2012年1月、全日本卓球選手権大会でジュニアの部で初の決勝進出を果たし、準優勝
  • 2014年4月、ITTYワールドツアードイツオープン女子ダブルスで、伊藤美誠とペアを組み、優勝

 

  • 2016年4月、同大会女子シングルスで優勝
  • 2016年10月、卓球女子ワールドカップで日本人初の史上最年少での優勝という快挙を果たす
  • 2017年1月、全日本卓球選手権大会で一般の部で、オリンピック代表の石川佳純と戦い女子シングルスの部で史上最年少16歳9カ月で優勝する

女子シングルス優勝2回、準優勝2回、女子ダブルス優勝4回、準優勝4回

 

ここまでの戦績を収められるのはなぜか?それは、平野美宇一族は「卓球一族」というものである。まず、平野美宇選手の祖父、平野光昭さんは、山梨大学の名誉教授で、数学者でありながら、山梨医科大学の卓球部顧問をしており、国体の監督や役員を歴任した人物。

卓球一族!

平野美宇選手の祖母、聖子さんもまた、卓球のクラブチームに所属していたという。そして、平野美宇選手の父は、平野光正さん。2017年現在、48歳とのこと。職業は、現在は、甲府城南病院の循環器内科に勤務する内科医だが、筑波大学時代に、卓球部のキャプテンを務め、1年生の時からエースとして活躍し、卓球の全日本選手権で2回戦まで進出している。

 

一方、平野美宇選手が幼い頃から「平野英才教育研究センター卓球研究部」でその姿を見ていた母は、平野真理子さん。平野美宇選手の父と同じ年の48歳。同様、筑波大学時代に卓球部に所属し、女子卓球部の主将を務め、リーグ戦でも活躍した。平野美宇選手の父、光正さんとは筑波大学の同級生。

平野英才教育研究センター卓球研究部

卒業後、結婚するまで中学校等で10年間教師をしていたが、その際も「全国教職員卓球大会」で、ベスト8まで勝ち進む、実力の持ち主だった。教師として身に付けた教育論と卓球で身に付けた技術を生かし、「平野英才教育研究センター卓球研究部」を自ら立ち上げ、自身の子供たちだけでなく、平野三姉妹のいとこである、村松雄斗選手等の強豪選手を育てる。

平野選手のすぐ下の妹は平野世話さん。2歳の時から姉の背中を追う形で卓球を始め、2017年現在中学2年生。その下の妹、平野亜子さん。2017年現在小学校6年生で、2016年全日本選手権では、13歳以下女子シングルスで4回戦まで進む。二人の妹も卓球選手として活躍中。この事から見ても、卓球一族であるというのは事実のようだ。

 

そして、気になるのが平野美宇選手の練習法である。卓球一族であるのだから、当然、スパルタなのでは?と思われても仕方がない。実際、あの元祖天才卓球少女福原愛も泣き虫愛ちゃんと呼ばれるほど、スパルタ教育されていた為、卓球=スパルタと認識されても不自然ではない。しかし、平野美宇選手のご両親は、スパルタとは全くの無縁な方法である、「自身の意思でやりたくなったらやらせる」という練習方法をさせたという。

スパルタとは無縁の練習方法とは?

この方法を取り入れたには、平野美宇選手のご両親の教育や指導の根本に「強制したらやらなくなる」という考えがあり、その事が大きく関係していると言える。そのため卓球一族でありながら、ご両親が平野三姉妹に、卓球を積極的に勧める事はなかったという。

 

そんな環境にいながら、なぜ、平野美宇選手が卓球の魅了されたのかというと、母が「平野英才教育研究センター」で卓球部の開いており、母と一緒にいる時間があまりなく、寂しい思いをしたことが大きく関係していると言えそうだ。平野美宇選手は、母と一緒にずっといたいと言う思いを抱えた平野美宇選手は、母が顧問を務める「平野英才教育研究センター」の卓球部に入部したいと泣きながら頼んだとの事。

もちろん卓球を始めたわけではない為、卓球を始めた当初は、練習も2日~3日に一度、練習時間はわずか5分くらいだったという。しかし、その二か月後には、卓球の面白さを肌で感じた平野美宇選手は、毎日練習するようになったという。これは、恐らく元々の性格である、負けず嫌いな性格が関係していると言えそうだが、常にその性格に磨きをかけたものは言うまでも無く、あの元祖天才卓球少女福原愛の存在があると言っても過言ではないと言えそうである。

 

母、真理子さんは、その一方で、競技者としての厳しさも教え、普段の生活における躾については厳しかったという。掃除、洗濯、料理などの片づけなどといった自分の身の回りの事はすべて自分でやらせたという。

平野美宇選手のその性格は、卓球をはじめとする勝負事にだけ発揮される性格で、普段は、母の真理子さん曰く、普段は大人しい性格で目立ちたがり屋ではないという。一部マスコミやネットでは、平野美宇選手の妹が発達障害児であると騒がれているが、この情報の真偽は不明である。

しかし、東京オリンピックに、平野三姉妹が揃って出場ともなれば、これまで以上に日本卓球界も盛り上がりをみせそうだ。

スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

箱根駅伝2018 結果と順位! 総合優勝は青山学院大学、4連覇! 区間賞一覧

第94回箱根駅伝2018が終わりました。結果は青山学院大学が総合優勝して4連覇を達成する形で終わりました。往路優勝した東洋大学は惜しかったのですが、復路の序盤でトップの座を青山学院に譲ってからは、ゴー …

no image

稀勢の里の横綱昇進はなぜ早い?条件がおかしいのか?甘いのか?

第72代横綱が誕生した!第66代横綱若之花以来19年ぶりの日本人横綱の誕生である。新横綱の名は「稀勢の里」。今では日本中で多くの人が知っている名前だ。話題沸騰で、注目の理由は昇進の速さも大きい。201 …

no image

キャンプに行こう!初心者におすすめのテント選びから設営まで!

夏休みにキャンプに行こうと計画している人も多いのではないでしょうか。キャンプに行きたいけど、何から始めてよいかわからない。そもそもテントを張ったこともないし、方法もわからないって人も多いのではないでし …

no image

里田まい 子供が大きい、体重、名前は将太郎、年齢何歳かくわしく!運動神経抜群って?

タレントの里田まいさんって、日本を代表するプロ野球選手として現在メジャーリーグで活躍している田中将大さんの奥さんですよね。そんなふたりの子供がとても大きいそうなのです。そして、すごい成長ぶりらしいので …

no image

貴乃花親方のファッションセンスがおかしい、サングラスの評判は!?

日馬富士関の暴行事件がきっかけになり、毎日メディアに出ていて目が離せないのが貴乃花親方です。特にその個性的なファッションに目がいく人も多いのではないでしょうか。大きめのストールに、スーツ、コート、バッ …