気になるニュース

気になるニュースを詳しく追いかけます

芸能

夏木マリの旦那、斉藤ノヴとの年の差は?子供は何歳?

投稿日:2017年6月6日 更新日:

夏木マリを知っていますか?千と千尋の神隠しで湯婆婆(ゆばーば)の声を担当した歌手であり、女優だ。最近のドラマでは「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」や「医龍」に出演、存在感が大きい役を演じている。

 

夏木マリ、10年ぶりの映画主演!

来年の春に公開される映画に主演する事が決まった!実に10年ぶりの映画主演だ。「生きる街」と題されたこの映画は東日本大震災で両氏の夫を亡くした女性を演じる。

被災地支援ライブなどの復興支援に様々な形で携わってきた夏木マリは、「日本人として忘れてはならない震災をテーマにした作品」とコメントしている。映画の内容は、被災した海沿いの街を舞台に夫を亡くした主人公と家族のその後と再生を描く物語。

震災後、民泊の営業を始めた主人公の元にかつて同じ街に住んでいた男性が韓国kら訪れ、夫の知られざる姿が明かされていくという展開だ。

夏木マリ、65歳とは思えない精力的な活動!

夏木マリは1971年に歌手デビューし、今現在も精力的に全国ツアーを行っている。65歳という年齢を全く感じさせないほど元気なのだ!それは年の差婚で結婚した旦那、斉藤ノヴの影響だろうか。

スポンサーリンク

旦那の斉藤ノヴは有名音楽家!

斉藤ノヴは、やはり音楽家で、パーカッショニストであり、音楽プロデューサーなのである。それもとても有名な人なのである。あのサザンやTUBEの楽曲に携わっているのだ。「三宅裕司のいかすみバンド天国」では、オーディションにくるバンドの審査員も務めた人物だ。

 

年齢は夏樹マリよりも2歳上の66歳。しかし、とても67歳には見えない。2人共とにかく若いのだ。2人の馴れ初めだが、2人が同じバンドに所属していたことになる。2006年に「ジビエ・ド・マリ」というバンドを結成して、その翌年には交際をスタートして、その後2011年に結婚するに至っている。

フランス婚!

夏木マリはこの頃の事を「フランス婚」と呼んでいたらしい。「フランス婚」とはいわゆる事実婚のことだ。結婚した年齢などを考えると、2人の間に子供はいない。その分、音楽をはじめ、広い範囲で精力的に活動しているのだろう。確かに広い範囲で多彩な才能を発揮していると思う。

夏木マリにとって、共通の仕事は趣味を持つ旦那との生活が若さを保つ秘訣の一つかもしれないが、もう一つ「花」がある。自宅には花があふれているそうだ。夏木マリにとっては何は特別な思いがある。夏木マリ自身が立ち上げた、途上国支援プロジェクトや自分の音楽活動のシンボルに赤いバラを使用している。花のない生活は考えられないとも言っている。花に育てられているとも言っているくらいだ。

 

自分が1杯の水を飲んだあとに花にも水をやる事で1日が始まる。花の葉をの手入れをしながら花に声をかける、「おはよう」とか「元気?」とあいさつから1日を始め、出かける時には「行ってくるね」とか帰宅時には「ただいま」など、花への声掛けは欠かさない。

夏木マリの若さは花に囲まれた生活から!

「花は生き物。話しかけるとちゃんと作詞、放っておくとすぐに枯れてしまう」。写真を撮ってブログにアップするそうだが、写真もただ撮るだけではダメで、いい表情で愛を感じた時に取ると別物のように良くなるとの事だ。自宅は花であふれていて、毎日が花に囲まれた生活だ。

 

深紅のバラ、初夏に甘い香り発するシャクヤク、気温が下がってくるときれいに咲くダリアなど、季節に合わせた花が、その時々に合わせて瓶やグラスに飾られている。毎週金曜日には、なじみの花屋の店から花を届けてもらう。舞台やライブでもらう花束も大事に持ち帰り、大切に育てている。「花と付き合うようになって、命の大切さをすごく感じるようになった。花のない生活は考えられない」というくらいまで花を大切して花に夢中なのだ。

花を大切にする習慣

夏木マリは、昔からこんなに花に夢中で、花を大切にしていたのか?実はそうではなく、8年前にエチオピア旅行に行ってから、その意識が変わったという。どのレストランに行ってもテーブルの上に1輪のバラが置いてあった。貧困に苦しんだいる人達なのに、生活に必要のない花を大切にしている。その心、志に感動したという。

その時に、花を大切にする生活、花と付き合うのは良いと思ったそうだ。この経験がきっかけで調べるうちに、エチオピアがバラ栽培を産業として育成していることを知った。そこで、バラを使って支援しようと友人と意気投合して、バラの販売を始めたのだ。収益の一部は途上国を支援するための「One of Loveプロジェクト」を立ち上げたのだ。

 

 

夏木マリから、新種のバラ「マリルージュ」誕生!

最初はエチオピアから輸入したバラを販売していたのだが、そのうちに自分のバラを作ろうと、山口県柳井市に足を運んで新しい品種を作ることになった。そこで誕生した真っ赤なバラに自分の名前を取って「マリルージュ」と命名した。

ライブやその他の活動のシンボルとして使用している。一昨年から行っている全国ライブツアーは今年も行っている。これからも花に囲まれた色とりどりの生活を旦那と送り、精力的に活動する姿を見せてもらい、元気をもらいたい。

スポンサーリンク

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

福士蒼汰 熱愛報道の写真はmisato(みさと) 画像 本命の相手は山本未來!?

大人気俳優の福士蒼汰さんに熱愛報道がありました。週刊誌が報じたものですが、福士蒼汰さんにとってははじめての熱愛スキャンダルとなりました。その熱愛スキャンダルであるのお相手は本当に美しく、美人タレントと …

no image

海老蔵 娘の小学校受験は青山学院初等部に合格決定!?母校は強い

いよいよ、小学校受験シーズンが始まりましたね。海老蔵さんも、娘の麗禾ちゃんの小学校受験のために8日間の休暇を取得されているようですね。海老蔵さんのブログを見ると、これは麗禾ちゃんのお母さんである、小林 …

no image

花田虎上 嫁は誰!? 貴乃花との確執は現在も、子供の父親は誰!?

花田虎上(まさる)さんは、元横綱若乃花として相撲界で活躍をされておりました。また、花田虎上さんは、日照富士暴行問題で話題となっている貴乃花親方の実の兄になります。かつて、1990年代には、兄弟横綱とし …

no image

海老蔵 ブログを更新しすぎ、多いのか!? 理由とブログへの想い

海老蔵さんのブログは日本国内のみならず、海外からも注目され、賞賛の声も多いですね。一方で、「ブログ更新しすぎ」、「更新頻度多い」、などの声もあります。海老蔵さんがブログをこまめに更新する理由は何でしょ …

no image

荻野目洋子ダンシングヒーローで再ブレイク、バブリーダンスって!?

荻野目洋子さんがヒット曲「ダンシングヒーロー」で再ブレイクしていますね。もともと、1985年に大ヒットした「ダンシングヒーロー」により、歌手として成功の階段を駆け上がり、大成功を収めました。荻野目洋子 …