スポーツ

箱根駅伝2022國學院大学エントリーオーダー発表!注目選手と監督や観戦ポイント予想!

箱根駅伝2022國學院大学エントリーオーダー発表!注目選手と監督や観戦ポイント予想!というタイトルでご紹介したいと思います。

 

箱根駅伝2022國學院大学

箱根駅伝2022國學院大学に注目をしてみたいと思います。

2019年度は学生三大駅伝で出雲は優勝、全日本は7位、箱根3位と強豪校の一角を占めました。

20年度は2駅伝(出雲は中止)で、共に9位でした。

今季は2つの駅伝でともに4位で推移し、出雲は5区間で区間6位以内、全日本は6区間で区間7位以内と安定感を見せています。

全日本は過去最高の順位で、箱根を迎えました。

1、2年時から主力候補と期待されていました。

前々回の箱根3位持のメンバーが5人も残るのが強みですね。

藤木宏太(4年)、中西大翔(3年)が28分10秒台のほか、28分台を7人そろえています。

出雲は2区で木付琳(4年)、全日本は8区で伊地知賢造(2年)がそれぞれ区間賞を獲得するなど実力者が脇を固めています。

ここに1年生の平林清澄が加わりました。

出雲の6区で区間5位の好走、全日本も7区で区間3位と長距離区間で、上級生並みの働きを見せています。

山上り、下りの経験者が健在であることも大きいですね。

前回5区8位の殿地琢朗(4年)が出走すれば、他区間を含め4年連続となります。

6区で4位だった島﨑慎愛(4年)は、今季は2つの駅伝で共に1区で好走を見せました。

前回同様の区間配置になれば、山が攻めの区間になることも望めます。

個々のポテンシャルから、前々回の3位に近づくことも十分期待できます。

出雲駅伝2区区間賞 主将の木付が復活!

夏思うように走れないこともありましたが、それを乗り越え出雲駅伝でチームをトップに押し上げる区間賞の走りで、チームに勢いを与えてくれました。

島﨑が日本代表選出(幻)!

新チームになり初めての公式戦で、各校の主力選手に勝ち、3位でユニバーシアードの代表内定を決め、チームにとっての最高のスタートを切ることができました。

関東インカレ10000m 藤木が國學院記録を更新!

関東インカレで藤木が各校のエースと競い合い、國學院歴代記録の更新をして入賞を果たし、國學院のエースとして強さを証明しました。

注目選手リスト!

注目選手リスト!を見てみましょう!

木付琳(きつきりん)主将 4年 大分東明高(大分)

島﨑慎愛(しまざきよしのり)4年 藤岡中央高(群馬)

殿地琢朗(どんじたくろう)4年 益田清風高(岐阜)

藤木宏太(ふじきこうた)4年 北海道栄高(北海道)

阿久津佑介(あくつゆうすけ) 3年 那須拓陽高(栃木)

坂本健悟(さかもとけんご) 3年 藤沢翔陵高(神奈川)

中西大翔(なかにしたいが) 3年 金沢龍谷高(石川)

伊地知賢造(いじちけんぞう) 2年 松山高(埼玉)

平林清澄(ひらばやしきよと) 1年 美方高(福井)

山本歩夢(やまもとあゆむ) 1年 自由ヶ丘高(福岡)

相澤龍明(あいざわりょうめい) 4年 藤沢翔陵高(かながわ)

石川航平(いしかわこうへい) 4年 日体大柏高(千葉)

古川礼穏(ふるかわれおん) 4年 埼玉栄高(埼玉)

松延大誠(まつのぶたいせい) 4年 福岡大附大濠高(福岡)

川崎康生(かわさきこうせい) 3年 浜松工高(静岡)

 

 

エントリーオーダー!

エントリーオーダー!について注目してみたいと思います。

区間オーダー

往路
1区:藤木宏太

2区:平林清澄

3区:木付琳

4区:中西大翔

y5区:殿地琢朗

復路
6区:島﨑慎愛

7区:阿久津佑介

8区:山本歩夢

9区:伊地知賢造

10区:坂本健悟
(往路)

監督プロフィール!

監督プロフィール!について注目してみましょう!

監督:前田康弘(まえだやすひろ)

生年月日:1978年2月17日

まとめ

箱根駅伝2022國學院大学エントリーオーダー発表!注目選手と監督や観戦ポイント予想!についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

-スポーツ