スポーツ

箱根駅伝2022中央学院大学エントリーオーダー発表!注目選手と監督や観戦ポイント予想!

箱根駅伝2022中央学院大学エントリーオーダー発表!注目選手と監督や観戦ポイント予想!というタイトルでご紹介したいと思います。

 

箱根駅伝2022中央学院大学

箱根駅伝2022中央学院大学に注目をしてみたいと思います。

前回の予選会は12位で本戦の連続出場が18回で途切れました。

近年の同大学では珍しい取りこぼしとなrいました。

今季は関東インカレ2部で吉田光汰(4年)が3000mSCで優勝を果たしたほか、1年生の吉田礼志が5000mで7位に入り、何とか面目躍如を果たす結果でした。

通過が濃厚とみられた全日本予選は、1組終了時は2組で12位に転落したが、3組で小島慎也、武川流以名(共に3年)がワンツーでフィニッシュし、一気に6位に上昇しました。

9年連続出場を決めたが、まさに薄氷を踏む戦いでした。

箱根予選会では、この小島、武川ら主力を故障で欠き、順当ならトップ3も狙えたが、7位通過にとどまりました。

そのなか、前々回一宮恋の栗原啓吾(米)が日本人トップの8位で気を吐き、1時間3分台で吉本光希、川田啓仁(共に3年)がチーム2、3位で続きました。

28分03秒39を持つ栗原啓吾を筆頭に6人が28分台と、顔ぶれがそろえばシード権獲得も不可能ではありません。

全日本は予選会の過労からか、本領を発揮できず11位にとどまりました。

ただ、終盤の長距離区間で吉田光、吉本が区間8位以内で走り、武川も6区8位と順調な回復ぶりを見せました。

往路での出走が予想される栗原を啓吾軸に、中位をキープすることができるかですね。

グラウンドを改修!ブルータータンに変更

3年前の台風でグラウンドが水没してダメになり、ブルータータンに変更しました。

選手も走りやすくて大満足!ブルータータン最高!

中央学院のレジェンド超え!栗原啓吾が大学記録を更新

4年生の栗原啓吾が4月の記録会で木原真佐人さんが持つ10000mの大学記録を13年ぶり3秒更新しました。

あのユニフォームが新しく!

今年の5月からユニホームが新しくなりました!

注目選手リスト!

注目選手リスト!を見てみましょう!

中央学院大学の注目選手についてご紹介したいと思います。

栗原啓吾(くりはらけいご)主将 4年 東農大ニ高(群馬)

松井尚希(まついなおき) 4年 花咲徳栄高(埼玉)

吉田光汰(よしだこうた) 4年 拓大江陵高(千葉)

川田啓仁(かわたあきひと) 3年 武蔵越生高(埼玉)

武川流以名(ぶかわるいな) 3年 島田樟誠高(静岡)

吉本光希(よしもとこうき) 3年 中央学院高(千葉)

伊藤秀虎(いとうひでとら) 2年 四日市工高(三重)

谷口唯翔(たにぐちゆいと) 2年 鳥取中央育英高(鳥取)

芳賀利紀(はがとしき) 1年 秋田北鷹高(秋田)

吉田礼志(よしだれいし) 1年 拓大江陵高(千葉)

馬場竜之介(ばばりゅうのすけ) 4年 摂津高(大阪)

萩沼直人(おぎぬまなおと) 3年 水城高(茨城)

小島慎也(こじましんや) 3年 大阪高(大阪)

中島稜貴(なかじまりょうき) 3年 市船橋高(千葉)

松島匠(まつしましょう) 3年 東農大ニ高(群馬)

 

 

エントリーオーダー!

エントリーオーダー!について注目してみたいと思います。

各区間ごとの予想オーダー

往路
1区:吉田礼志

2区:栗原啓吾

3区:武川流以名

4区:川田啓仁

5区:吉本光希

復路
6区:芳賀利紀
7区:松井尚希

8区:谷口唯翔

9区:吉田光汰

10区:伊藤秀虎

 

監督プロフィール!

監督プロフィール!について注目してみましょう!

監督:川崎勇ニ(かわさきゆうじ)

生年月日:1962年7月18日

出身地:広島県

まとめ

箱根駅伝2022中央学院大学エントリーオーダー発表!注目選手と監督や観戦ポイント予想!についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

-スポーツ