スポーツ

箱根駅伝2022早稲田大学エントリーオーダー発表!注目選手と監督や観戦ポイント予想!

箱根駅伝2022早稲田大学エントリーオーダー発表!注目選手と監督や観戦ポイント予想!というタイトルでご紹介したいと思います。

箱根駅伝2022早稲田大学

箱根駅伝2022早稲田大学に注目をしてみたいと思います。

中谷雄飛、太田直希(共に4年)、井川龍人(3年)の3人が27分台の快足になります。

同一大学に在籍中の3人が27分台を持っているのは史上初になります。

早大在学中に27分台をマークしたのは通算で7人。

近年の大迫傑ら卒業生は、オリンピアンへと成長しています。

このスピードを強さに変えたいところです。

箱根13回、全日本5回、出雲2回の優勝を誇る名門だが、大学駅伝での3位以内は2018年の箱根3位から遠ざかっています。

出雲は4区終了まで2位も5区で失速し、6位にとどまったのは惜しまれました。

全日本は27分台トリオの一角、太田を書きながら5区で首位に立ったが、6区が不振で連続6位となりました。

箱根は中谷ら前回6位のメンバーが9人残り、ここに出雲4区で区間賞の石塚陽士(1年)や、関東インカレ3000mSC優勝の菖蒲敦司 (2年)といった実力者がメンバー争いに加わります。

菖蒲は出雲で1区2位、全日本は4区5位と、ロードにも適性を見せ、さらに5000m13分36秒57を持つ伊藤大志(1年)も控えます。

選手層の薄さに泣くこともあった早大だが、今回は感じさせません。

前回、区間19位と苦戦した5区を克服すれば、頂点に近づくことも望める顔ぶれが並んでいます。

サングラスデビュー

今年の箱根駅伝6区でメガネランナーとして名をはせた北村光がついにサングラスデビューしました。

ターミネーターにも例えられるその姿で今年も箱根の山での活躍を期待したいと思います。

注目選手リスト!

注目選手リスト!を見てみましょう!

早稲田大学の注目選手についてご紹介したいと思います。

太田直希(おおたなおき) 4年 浜松日体高(静岡)

千明龍之佑(ちぎらりゅうのすけ)主将 4年 東農大ニ高(群馬)

中谷雄飛(なかやゆうき) 4年 佐久長聖高(長野)

山口賢助(やまぐちけんすけ) 4年 鶴丸高(鹿児島)

井川龍人(いがわりゅうと) 3年 九州学院高(熊本)

鈴木創士(すずきそうし) 3年 浜松日体高(静岡)

北村光(きたむらひかる) 2年 樹徳高(群馬)

菖蒲敦司(しょうぶあつし) 2年 西京高(山口)

石塚陽士(いしづかはると) 1年 早稲田実業高(東京)

伊藤大志(いとうたいし) 1年 佐久長聖高(長野)

半澤黎都(はんざわれいと) 4年 学法石川高(福島)

向井悠介(むかいゆうすけ) 4年 小豆島中央高(香川)

小指卓也(こざすたくや) 3年 学法石川高(福島)

佐藤航希(さとうこうき) 2年 宮崎日大高(宮崎)

辻文哉(つじふみや) 2年 早稲田実業高(東京)

エントリーオーダー!

エントリーオーダー!について注目してみたいと思います。

区間オーダー

往路

1区:菖蒲敦司

2区:中谷雄飛

3区:井川龍人

4区:石塚陽士

5区:伊藤大志

復路

6区:北村光

7区:太田直希

8区:千明龍之佑

9区:鈴木創士

10区:山口賢助

監督プロフィール!

監督プロフィール!について注目してみましょう!

監督プロフィール

監督:相楽豊(さがらゆたか)

生年月日:1980年5月2日

出身地:福島県

出身校:安積高(福島)→早大

監督就任:2015年4月

チーム指導年数:17年

まとめ

箱根駅伝2022早稲田大学エントリーオーダー発表!注目選手と監督や観戦ポイント予想!についてご紹介させていただきました。

スポンサーリンク

-スポーツ