話題の人

悠仁さまが筑波大学付属高校を一般入試でお受験!2022年度倍率や偏差値は?試験内容や併願校はどこ?

 

悠仁さまが筑波大学付属高校を一般入試でお受験!2022年度倍率や偏差値は?試験内容や併願校はどこ?というタイトルでお話したいと思います。

秋篠宮家の長男の悠仁(ひさひと)さまが、一般の学生同様に一般試験で高校受験に臨まれました。

悠仁さまがお受験されたのは、都内にある筑波大学付属高校になります。

筑波大学付属高校は、都内でもトップクラスの進学校になります。

2022年度の倍率や偏差値はどうなっているのでしょうか。

また、入学試験は大変難しいといわれていますね。

試験内容や併願校についても調査してみました。

 

悠仁さまが筑波大学付属高校を一般入試でお受験!

悠仁さまが筑波大学付属高校を一般入試でお受験!ということが話題になっていますね!

東京内では、2月中旬ぐらいからかけて高校の一般入試が始まります。

現在中学3年生になる悠仁さまも高校のお受験をされたことがわかりました。

お受験された高校は、筑波大学附属高校(筑附高)になります。

筑波大学附属高校は、通称、筑付(つくふ)と呼ばれている名門校になります。

2月13日、午前8時過ぎ、悠仁さま試験会場となっている筑波大学附属高校に入られました。

悠仁さまは、試験当日ごく普通の学生のようにリックを背負い、徒歩で試験会場入りをしました。

悠仁さまに気がついた生徒や保護者はあまりいなかったそうです。

多くの受験生や保護者にとっても大事な日ですから、それどころではありません。

まさか、皇族の悠仁さまが一般の学生に交じってお受験をするとは思ってもみないですよね。

しかし、悠仁さまの警護にあたるSPは1時間以上前も前から試験会場で目立たないように警備にあたっていたそうです。

ですから、悠仁さまが筑波大学附属高校をお受験することは以前から決まっており、念入りに高校側と準備をされていたのではないかと思われます。

そして、これまで皇族方が一般試験で高校をお受験されたことはありません。

皇室始まって以来ではないでしょうか。

これまで皇族方々は、幼稚園や小学校から私立の学習院の付属校へ進学されていました。

学習院は、もともと皇族方のために創られた歴史ある教育機関でした。

歴代の天皇陛下も皇族方も学習院へ進学されてきました。

しかし、悠仁さまは幼稚園のから学習院の付属校には進学していません。

秋篠宮家の教育方針なのか、幼稚園から国立のお茶の水女子大の付属幼稚園から小学校、中学校に進学されてきました。

しかし、お茶の水女子大の付属は高校から女子高になるため、男子学生は、中学校か高校に進学する段階で外部受験をする必要があります。

悠仁さまは、高校をお受験し進学することになったようです。

でも、お茶の水女子大の中学校と筑波大学附属高校の場所は、道路を挟んですぐ近くになります。

これまで通学してきた環境とほとんど変わりません。

お住まいの赤坂御用地からも近いので筑波大学附属高校は、通学や警備上でもよかったのかもしれませんね。

 

2022年度倍率や偏差値は?

2022年度倍率や偏差値は?について注目してみたいと思います。

悠仁さまがお受験となると、筑波大学附属高校の2022年度のお受験倍率が気になりますね。

2022年度のお受験の倍率については、学校側からまだ発表されてはいません。

しかし、例年3倍前後となっています。

また、予測では2022年度のお受験の倍率予測では、例年より若干倍率は下がっていたようです。

そして、筑波大学附属高校の偏差値は、78になり東京でも最難関の国立の高校になります。

国立ですので、学費は安い!そして、質の高い教育が受けられるとあって大変人気でもありますが、偏差値は78もあります。

そう誰でもお受験できるわけではありません。

超優秀な学生が集まっているのです。

また、偏差値78レベルの高校となると、ガリ勉タイプの生徒はむしろ少数といわれています。

それほど勉強をしなくてもできる地頭が良い生徒が多いのです。

数学や物理など天才レベルの生徒もゴロゴロいます。

悠仁さまは、昆虫や生物などの知識が豊富で、特に昆虫のトンボに造詣が深いそうです。

筑波大学附属高校で趣味が合うようなお友達ができるといいですね。

 

試験内容や併願校はどこ?

試験内容や併願校はどこ?なのか気になりますね。

筑波大学附属高校の試験は、5教科になります。

国語、数学、英語、理科、社会の5科目が60点満点になります。

また、入学試験で高得点を取れは合格というだけではありません。

中学校時代の成績や行動、つまり内申点も必要になります。

内申点は80点満点とウェートが大きいのです。

でも、悠仁さまは中学時代に2度も全国レベルの作文コンクールで入賞をしていますので、内申点も良かったのではないかと思われます。

そして、試験はお昼休みを挟んで夕方までかかります。

長時間の試験になりますので、知力だけではなく体力や長時間の集中力も必要になります。

また、東京都で一般の中学生は、日程的に国立の高校のほか、都立高校と私立高校を併願してお受験することができます。

悠仁さまのお受験の本命校は筑波大学附属高校のようでしたが、ほかの高校を併願お受験はしていたのでしょうか。

今のところ、都内のどこかほかの高校をお受験した様子はなさそうです。

さすが強気で国立1本のお受験だったようですね。

【ネット上の声】

まとめ

悠仁さまが筑波大学付属高校を一般入試でお受験!2022年度倍率や偏差値は?試験内容や併願校はどこ?についてまとめてみました。

皇室始まって以来の高校お受験をされた悠仁さまでした。

一般の学生同様にお受験をされていたとは驚きでした。

春から充実した高校生活を送れるとよいですね。

 

スポンサーリンク

-話題の人