竹内結子の生い立ちは?家庭環境が複雑?実家の両親や学歴について!

芸能

女優の竹内結子さんがお亡くなりになりました。

15歳で芸能界入りをしてから、ずっとトップ女優として活躍してきました。

仕事も家庭も順調そうにみえただけに残念でなりません。

そんな竹内結子さんの生い立ちについてはあまり知られてはいません。

どのような生い立ちだったのでしょうか。

自ら家庭環境が複雑と語っていたそうです。

実家の両親とはどんな関係だったのか気になりますね。

小さい頃のエピソードや出身校など学歴についても調べてみました。

 

関連記事→竹内結子の自宅マンション!ガーデンパサージュ!広尾の間取りや家賃

スポンサーリンク

竹内結子さんの生い立ちは?

生い立ちは、1980年に埼玉県浦和市、現在のさいたま市南区で生まれています。

本名もそのまま竹内結子さんになります。

子供ころは、漢字よみままケツコと呼ばれていたそうです。

高校を卒業するまで浦和市で育ったようです。

芸能界入りは、中学校を卒業した春休みに原宿でスカウトをされたというスタンダードコースでした。当時から大勢の中でも人目を引くかわいさがあったのでしょうね。

当初、芸能界入りを両親は大反対をしたようです。

反対を押し切って入った芸能界でした。

しかし、自身では、複雑な家庭なので戻る場所がない。

この世界でがんばらなきゃいけないと話していたそうです。生い立ちは複雑なものだったようです。

家庭環境が複雑だったの?

自身から家庭環境についてあまり語っていたことはないそうです。

実家の家族構成は、両親と姉2人の5人家族となっています。

しかし、家庭環境は複雑な事情があったようです。

両親は、まだ幼い頃に離婚をしたようですね。

母親は、竹内結子さんを置いて家を出てしまったようです。

その後、父親と2人暮らしだったのかどうかはよくわかりませんでした。

ただ、小学生の時に、家出をしたことがあったそうです。

ほどなく近所の人が見つけてくれ何事もなく済んだようです。

漠然とここにいてはいけないと思い家を飛びだしたそうです。

当時、どんな理由があったのか胸が痛みますね。そして、中学生になる頃に父親が再婚をしたようです。

新しい母親にも連れ子がいました。女の子が2人だったようです。

血のつながらない姉ができたようですね。

竹内結子さんは、後に19歳の時に育った複雑な家庭環境について心情を明かしていたことがありました。

小説の解説として寄稿した文章があったのです。

それによると継母については、父親が必要とした女の人と見えたようです。

家族で囲む食卓はガラス越しのもので、殺風景な自分の部屋でため息をついていたやりきれない当時の心境を表していました。

また、連れ子という荷物が面倒に感じられたくなかったともありました。

周囲に使って生活をしていたのでしょうか。

10代初めの多感な頃に、すでに客観的に物事を見ていたようです。

そして、繊細な部分あったことを感じさせますね。

実家の両親や学歴について!

実家の両親や家族の名前や職業ついてなどはわかっていません。

自身も実家や両親について語ることはなかったそうです。

また、2020年1月に2人目となる子供が生まれていました。

しかし、育児などで、実家を頼ることもなかったようです。

また、実家はハムカツ屋というウワサもあります。

しかし、確かな確証はありませんでした。

どうしてハムカツ屋が出てきたのかは謎でした。

学歴については、地元の小学校へ通っていたようです。

小学校は浦和市立南浦和小学校でした。

幼稚園の頃ころから小学校高学年まで体操を習っていたそうです。

ですから、当時の将来の夢は体操の先生だったそうです。

男子ともケンカをするくらいの活発な少女だったようですね。

中学校については浦和市立白幡中学校だったようです。

中学生の頃には、活発だった少女もずいぶんと大人しくなっていたそうです。

そして、学歴では高校は、埼玉県新座市にある新座北高校でした。

現在は統合されて新座柳瀬高校となっています。

高校時代には、すでに芸能事務所に所属し活動をはじめていました。そのため、部活動などはやっていなかったようです。

高校1年生の時にドラマ「新・木曜日怪談」でデビューをしています。

以後もドラマや映画に出てはいましたが、端役でした。

それでも竹内結子さんは、芸能の世界でやっていこうと覚悟を決めていたようですね。

そのため、大学には進学はしていません。

転機がおとずれたのは高校卒業後でした。

NHK朝ドラマ「あすか」の主人公に選ばれたことでした。

一気に注目されました。その後は確実に女優としてステップアップしていきましたね。

そして、ドラマ、映画と数々の作品で主役を演大女優となりました。

まだまだ活躍する姿を見たい女優でした。

きっと日本を代表する女優にもなれたはずでした。

早すぎる死が惜しまれますね。

 

関連記事→竹内結子の自宅マンション!ガーデンパサージュ!広尾の間取りや家賃

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました