渡部建グルメ王の多目的トイレは病気?閉所好きの性的嗜好障害ホント?

芸能

女性スキャンダルで大問題になっている渡部建さん。

女性をモノのように扱っていたということで、関係や付き合いのあった女性からのコメント内容は驚くものばかりです。

テレビ番組でもグルメ王と呼ばれてきた、これまでの渡部建さんのイメージとは別人のようです。

これだけ、かけ離れたイメージはどこから来るのでしょうか。

それは、に関する障害病気

性的嗜好障害」によるものではないかという声もあるくらいです。

多目的トイレという狭く閉ざされた、閉所空間での行為を好んだり、女性をモノのように扱う行為などは病気なのではないかという人達も出始めました。ここでは、

グルメ王である渡部建さんが、多目的トイレのような閉所好きの性的嗜好障害なのはホントなのか。

異常な性癖や、狭いところでの性行為を好む「閉所愛好」についても触れたいと思います。

性的嗜好障害といった病気はどのようなものなのかについて触れてみたいと思います。

 

関連記事→佐々木希と二宮和也はエレベーター好き?伊藤綾子の匂わせの原因?
関連記事→ゴーンの自宅は港区元麻布ヒルズ!あの芸能人も住人で驚きの家賃⁉

関連記事→渡部建と佐々木希CM共演のギャラはいくら?年収や違約金がスゴイ!

関連記事→アンジャッシュ解散?渡部建の不倫スキャンダルで小嶋はどうなる?

関連記事→佐々木希の元ヤン写真画像!別居離婚でブランド崩壊でシンママに?

スポンサーリンク

グルメ王の渡部建さん!多目的トイレでの行為は病気?

芸能かいきってのグルメ王といわれている渡部建さん。複数の女性との不倫スキャンダルが話題ですね。

見た目も美しく、美味しい料理とは無縁に見える狭く、汚物を処理する場所であるトイレ。

この二つの共通点は何でしょうか。

渡部建さんは狭くてキレイではないトイレという場所での性的行為を行うことを好んでいたようです。

普通の感覚では、トイレで行為はできないでしょう。

渡部建さんは、女性をわざわざトイレに呼び出して行為に及んでいたそうなのです。

このこと、そのものが病気ではないかといわれています。

料理と同じで、女性も神聖でキレイで美しいな象徴的な対象として扱われることが多いですよね。

その大切な対象である女性とトイレで、しかもとても短い時間で行為に及ぶというのはどうなのでしょうか。

やはり、何かの精神的疾患があり、病気なのではないかと思われても、ある意味では仕方ないのかもしれませんね。

渡部建さんは閉所好きの性的嗜好障害ホント?

渡部建さんが病気の影響でトイレでの行為を好んでいたのかもしれないとお話ししました。

これは何の病気に当てはまるのでしょうか。

性に関わる趣味嗜好や精神疾患はいろいろとあるようですが、性的倒錯(せいてきとうさく)。

性的嗜好障害(せいてきしこうしょうがい)あるいは性嗜好異常(せいしこういじょう)。

こういった内容の生涯があるのではないかともいわれています。

英語表記では、パラフィリア(Paraphilia)となります。

性に関係するする行為で、精神医学の精神疾患と診断される症状(性的嗜好)にあてはまるそうです。

これは、一般的であり、常識的な性に関する道徳観念や社会的な通念から外れている性的嗜好に当てはまるそうです。

ただ、性に関する道徳や社会通念的な感覚や考えは、具体的ではなく抽象的なことになります。

どこからどこまでが病気や疾患、障害などの基準や境界は時代的な背景は文化。

個人的な価値観などによる、多種多様な解釈や理解、定義があるのが実情のようです。

さらには、この抽象的である内容が、人の差別や偏見などの原因となることが多いので気をつける必要があるとのことです。

一般的に趣味趣向や嗜好に対していわれる「~フェチ」と異常性癖は似ているところがあります。

線引きや境界線を引くのが難しいようです。

半面、目や鼻、胸、脚線美の美しさ、唇の形や大きさなどの部位に興奮すること。

これ自体は単に「~フェチ」(フェティシズム)の範囲と考えられるため、異常性癖では無いといわれています。

異常性癖の病気って?原因は?

ところが、本来の性的な興奮ではなくて、一般的に性的興奮しないような身体の部位や刺激。

シチュエーション、言葉などに興奮するような時に異常性癖の可能性があるといわれています。

異常性癖とは、特殊プレイを指す場合もありますが、必ずしも特殊プレイだけではないようです。

精神医学的な見地から診断される性疾患のひとつだといわれています。

特殊性癖やパラフィリアという言葉でも表されるそうですが、基本的な症状は同じようなものだそうです。

異常性癖の対象になるのは、異性だけではなく物品や状況、シチュエーションにもなりうるそうです。

たとえば、成人男性が女児に対してでしか興奮できないなどがあげられるようです。

渡部建さんの場合はどうでしょうか。

異常性癖の種類はとても多くて、100種類以上もあるといわれています。

閉所を好む「閉所愛好」って?

その中で、閉所愛好(クラストロフィリア)というものがあります。

これは、とにかく狭いところで性行為を行うことが好き。

このような症状の異常性癖が閉所愛好といわれています。

ただし、狭いところで行う性行為を好むという嗜好もありながら。

狭いところにいると性的に呼応ふんして興奮度が高まるといった症状も閉所愛好となるそうです。

これとは反面に、広場愛好(アゴラフィリア)という異常性癖もあるようです。

おかれているシチュエーションに身を置いた時に、性的興奮が高まる性癖といえるようです。

異常性癖になる原因としては、それぞれの生活環境に強く影響していると言われています。

例としては母親や姉に憧れていたり恋をしたり。辛い日々から抜け出そうと妄想をしていたなどがあげられます。

美しいものをみて美しいと思う感覚は人それぞれです。同じものを見てもそれを美しいと思える人とそうで無い人がいるように。

何らかのきっかけで異様にその何かに執着してしまうようになった、とも考えられます。

映画、マンガやアニメなどが影響して性交渉相手の趣味だったものがいつしか自分も興奮する。

このようになったなど、人それぞれに何かしらのきっかけが存在しています。

他にも動物などの生き物などに異様に性的な執着をしてしまう異常性癖があるようです。

また、自慰行為をしている最中に興奮する対象を観たり、体験するなどの快楽による記憶の結びつけも大きく関係しているともいわれています。

それでは、なぜ人は異常性癖がついてしまうのでしょうか。

いつごろから異常性癖が発達してしまうのでしょうか。

異常性癖に関する情報はネガティブなものが多いですね。

自分自身が異常性癖なのかどうかわからない人も多いといわれています。

それがわからなくて悩んでいる人も多いといわれています。

異常性癖の原因は、ひとつの事が原因のシンプルなものではなく。

いろいろな要素が複雑かつ複合的に絡み合って出来上がるといわれています。

ノーマルで良好な交際をしているカップルにおいても、性的な興奮を覚えたり反応したりするところは違ってきます。

これは、ごくごく普通の事です。

カップルのおふたりがそれぞれお互いのことを想い合っているからこそ、相手の性癖を受け入れられるのでしょう。

反面、相手の性癖を受け入れられなくて悩みを抱えているカップルも多いといわれています。

性に関しての好みや趣向、そしてこだわりが出てきて、それが完成されるには時期があるといわれています。

通常、一般的には12歳~17歳頃だといわれています。

この時期に確立された好みや嗜好性は、その後の人生においても大きく影響を与えます。

たとえば、幼少期にレイプなど性的暴行を受けた経験があったり。

心に傷を負うような苦い経験があると、その経験が原因になって異常性癖を発症することがあるといわれています。

幼少期の経験や体験は、精神に強い影響を与えるといわれています

以上、グルメ王の渡部建さんが行った多目的トイレでの行為は病気のせいなのか。

閉所好きの性的嗜好障害ともいわれたりしていますが、ホントなのかについて触れてみました。

加えて異常性癖についても詳しく触れてみました。

 

関連記事→佐々木希と二宮和也はエレベーター好き?伊藤綾子の匂わせの原因?
関連記事→ゴーンの自宅は港区元麻布ヒルズ!あの芸能人も住人で驚きの家賃⁉

関連記事→渡部建と佐々木希CM共演のギャラはいくら?年収や違約金がスゴイ!

関連記事→アンジャッシュ解散?渡部建の不倫スキャンダルで小嶋はどうなる?

関連記事→佐々木希の元ヤン写真画像!別居離婚でブランド崩壊でシンママに?

コメント

タイトルとURLをコピーしました